美浜幼稚園からのお知らせ

令和元年度 植草学園大学附属美浜幼稚園 学校評価

学校評価 保護者アンケート

 

評価については、5段階評定で下記の内容です。下記の評価内の数字は、小数第一位を切り捨ての割合です。

5=そう思う(感じている)
4=少しそう思う(少しそう感じている)
3=どちらともいえない
2=あまりそう思わない(感じない)
1=ほとんどそう思わない(感じない)

※小数第一位を切り捨て

 

価項目 内容 評価
幼稚園の運営および園務の遂行に関すること 1 保育目標や方針をわかりやすく説明していますか。 60 33 5    
2 安全や整備は十分に整えられていますか。 54 26 18    
3 衛生、清潔等の環境が十分整えられていますか。 67 22 9    
4 遊具・用具・図書(絵本)などの整備は十分に整えられていますか。 49 20 16 9 3
5 事故や災害などの緊急事故発生時の対応を適切に行っていますか。 69 28 1    
6 「父母の会」活動に参加しやすいですか。 37 22 26 9 3
7 個人情報に関する守秘義務の遵守は徹底されていますか。 73 20 5    
子どもの援助に関すること 1 子どもが主体的に行動できるように環境構成がなされていますか。 86 9 3    
2 保育理念・保育目標や方針を意識して保育が行なわれていますか。 81 15 3    
3 子ども一人ひとりを理解し、その子にふさわしい援助や保育がなされていますか。 86 13      
4 優しく思いやりのある子を育む保育が行なわれていますか。 86 9 3    
5 自主性と創造力をもつ子を育む保育が行なわれていますか。 79 18 1    
6 健康でたくましい子を育む保育が行なわれていますか。 83 16      
7 子どもの健康に関して園では家庭や医療機関と連携ができていますか。 75 18 5    
8 子どもの人権を尊重した保育が行なわれていますか。 86 13      
家庭や地域、小学校との連携、子育て支援に関すること 1 日常の健康観察や疾病予防の取り組み・健康診断に関して適切に実施していますか。 79 16 3    
2 園だより、父母の会、ホームページ、降園時の連絡などで園での様子をわかりやすく伝えられていますか。 62 24 13    
3 保育参観、子育てサロンなどを通して子育てに関する相談や支援を行っていますか。 54 28 16    
4 保護者から寄せられた意見や要望について誠意ある対応がなされていますか。 67 22 9    
5 地域との交流、情報交換が円滑に行なわれていますか。 60 22 16    
6 小学校との連携や情報交換が円滑に行なわれていますか。 58 28 13    

 

教職員 学校評価

 

評価については、5段階評定で下記の内容です。下記の評価内の数字は、小数第一位を切り捨ての割合です。

5=そう思う(感じている)
4=少しそう思う(少しそう感じている)
3=どちらともいえない
2=あまりそう思わない(感じない)
1=ほとんどそう思わない(感じない)

※小数第一位を切り捨て

 

評価項目 内容 評価
幼稚園の運営および園務の遂行に関すること 1 保育目標達成に向けた管理者のリーダーシップに職員が信頼を持って取り組んでいますか。 30 60 10    
2 教務・研究・教育(保育)実習等の園務分掌が適切に機能するよう運営していますか。 20 80      
3 各保育者の資質向上のため研修に組織的に取り組んでいますか。 20 60 20    
4 保育目標や方針をわかりやすく説明していますか。 40 50 10    
5 遊具・用具・図書(絵本)などの整備は十分に整えられていますか。 20 60 20    
6 事故や災害など緊急事故発生時の対応を適切に行っていますか。 40 60      
7 安全点検や安全対策能力の向上に関する取り組みを十分に行っていますか。 50 40 10    
8 保育者間の伝達事項等々、分掌や職員会議の体制が整えられていますか。 30 50 20    
9 保育体制が整えられていて円滑な勤務ができていますか。 30 40 30    
10 個人情報に関する守秘義務の遵守は徹底されていますか。 50 50      
11 保護者は父母の会活動に参加しやすいと思いますか。   40 50 10  
子どもの援助に関すること 1 子どもが主体的に行動できるように環境構成をしていますか。 40 50 10    
2 保育理念・教育・保育目標や方針を意識して保育を行っていますか。 30 60 10    
3 子ども一人ひとりを理解し、その子にふさわしい援助や保育を行っていますか。 50 50      
4 優しく思いやりのある子を育む保育を行っていますか。 80 20      
5 自主性と創造力をもつ子を育む保育を行っていますか。 50 40 10    
6 健康でたくましい子を育む保育を行っていますか。 50 40 10    
7 支援を要する子や気になる子への支援を適切に行っていますか。 40 50 10    
8 子どもの人権を尊重した保育を行っていますか。 70 20 10    
家庭や地域、小学校との連携、子育て支援に関すること 1 子どもの健康に関して園では家庭や医療機関と連携ができていますか。 30 70      
2 日常の健康観察や疾病予防の取り組み・健康診断に関して適切に実施していますか。 60 30 10    
3 園だより、父母の会、ホームページ、降園時の連絡などで園での様子をわかりやすく伝えていますか。 40 30 30    
4 保育参観、子育てサロンなどを通して子育てに関する相談や支援を行っていますか。 20 40 30 10  
5 保護者から寄せられた意見や要望について謙虚に話を聞き、園長等に連絡・報告・相談をしていますか。 70 20 10    
6 地域との交流、情報交換が円滑に行なわれていますか。 30 30 40    
7 小学校との連携や情報交換が円滑に行なわれていますか。 30 50 20    
保育教諭養成大学附属園としての社会的使命 1 保育教諭養成大学附属園としての社会的使命を持っていますが、有益な使命を果たしていると思いますか。 20 50 30    
2 大学・各附属園(校)との連携研究を通じて幼児教育の先進的研究を行っていると思いますか。 10 40 50    
3 幼稚園教諭養成課程等の保育・教育実習、研究協力、授業協力を適切に行っていると思いますか。 40 20 40    
4 公開研究会、他研究会の保育・教育、各委員会への協力など適切に貢献していると思いますか。 20 40 40    
5 研修・研究を通して自己の保育力が高められていると思いますか。   60 40    
保護者の幼稚園評価のまとめ

アンケートで高い評価を得ているのは、Ⅱの子どもの援助に関する項目であった。特に1・3・4・8の設問が高い評価であった。この結果は、昨年度に引き続き全体的に高かった。教職員の異動も少なく、建学の精神である子ども一人ひとりの特性や生育面での発達過程などを考慮し、日々の生活、遊び、集団での活動を通して、心身の調和のとれた子どもの育成に力を入れていることが、保護者に認められている結果であると思います。

また、評価5と評価4を合計して90%を超えている設問が全項目の66%、評価が5と4で80%を超えていないのは、2つの設問だけであり、全体的に非常によい評価結果であった。

やや低めの評価は、Ⅰの4や6、Ⅲの3・5であった。Ⅰの4は、総合遊具が撤去され、降園時に滑り台等の遊びができなくなったことが起因していると思われます。Ⅲの5は、地域や小学校との関わり・交流であり、年長が中心となっているため、年長保護者の評価は高く学年の差が顕著にみられました。現在、地域や小学校との連携や情報交換は、積極的に行われており、良好な関係が維持されています。今後は、協力・連携している点について、活動報告をしていくなど、保護者に上手く伝えていきたい。

幼児期の集団での生活は生きる力を身につける絶好の機会であり、個々の良さを伸ばす大事な期間です。今後も園児一人ひとりの個性、良さを認め、挑戦する意識を高め、心身共に健やかで逞しい生き方ができるよう、保護者と連携して保育を進めていきます。

 

教職員の評価について

評価5と評価4の割合が全体的に高い評価であったのは、Ⅱの子どもの援助に関する項目であり保護者と同じであった。美浜幼稚園の保育の3本柱である、やさしく思いやりのある子、健康で逞しい子、自主性と創造力をもつ子などを意識した保育を実践していることの証明でもあるように思います。また、インクルーシブ教育を学園全体で推進していることが、子ども一人ひとりを理解し、その子にふさわしい援助や保育、子どもの人権を尊重した保育となり、高い評価に繋がっているように思います。

評価が少し低めなのは、Ⅲの保育参観、子育てサロンなどを通して子育てに関する相談と連携研究を通じて先進的研究を行っているかの設問であった。子育てに関しては、保護者に余り悩みなどがないという面もあるようです。先進的な研究に関しては、忙しい保育の現状で、研究や研修に時間を割けないという面もあるようです。

教職員は、園児一人ひとりの成長を願い、アイディアを出し合い連携協力して保育を進めると共に、外部機関との研究、研修の機会を与えられるようにしていきたい。また、保護者との信頼関係を築きながら園児個々の成長を図っていきたい。

 

2020年8月18日美浜幼稚園
カテゴリー:美浜幼稚園からのお知らせ, 新着情報